たごさく 四季のたより
山和食品株式会社が店舗展開する、 四季を味わう「たごさく」、おこわの里「たもかみ」、釜揚げいなり「釜旬」、おむすび専門店「しゃれむすび」などの 情報やこだわり食材を紹介するブログです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この度の東日本大震災につきまして
この度の東日本大震災において被災されました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられました方々のご冥福をつつしんでお祈り申し上げます。
被災地が復興されますこと、一日も早く明るい笑顔のよみがえる日々の来ることをのぞんでいます。

なお、この地震の影響により、東北地方・関東地方・首都圏の店舗に於きまして、
休業・営業時間の変更・短縮によって、お客様に大変ご迷惑をお掛けしましたことを、心よりお詫び申し上げます。
また、今後とも電力事情の逼迫による停電等で、ご不便・ご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、
なにとぞご理解、ご容赦賜りますようお願い申し上げます。
スポンサーサイト
梅雨の季節の前に
アジサイの花の色が増すにつれて、梅雨が近づいてきます。
それにしても、この一か月あまりは、アメリカ発のインフルエンザに振り回されて大変でした。メキシコやカナダから帰った人には近寄るなとか、どこに保菌者がいるかわからないので、電車の中で、マスクをかけて、咳をしている人がいると、周りの人がみんな逃げてしまうという事態になりました。
 関東では、まだそれほどではなかったのですが、最初に感染者が発見された兵庫県を中心とした関西地方では、わたくしたち食品業界にも影響が出ました。昨年のリーマン・ブラザーズショックで打撃を受けて、やや回復基調に戻ったのに、またこれで、といやな予感がしました。
 感染者はすこしずつ、各都府県に広がって、数も増えていますが、さいわい、日本ではそれほど深刻な事態にならず、罹(かか)った人も、早期に適切な処置をとれば、大事に至らないということがわかりました。まずは、ほっとする状況です。
 今度のことで気がついたのは、感染者のほとんどが若い人で、60歳以上の感染者が皆無ということでした。高齢者の海外旅行者はかなりの数に達しているので、ふつうならすべての年齢層に患者が出てもいいはずです。
 聞くところによると、年をとった人は、若いときになんらかの病気(風邪)にかかって、知らないうちに抗体ができているせいではないかといいます。
 若者には「抗体」がない、というのを聞いて、また別のことを考えました。
 最近では、若い人が子供のうち、麻疹(はしか)にも罹らないといいます。だから大人になって麻疹にかかると、命にかかる重い病気になってしまいます。
 昨年来の不況は、戦後最大の不況と呼ばれています。「戦後」と区切るのは、その前に敗戦という、もっとすごい「不況」以前の不況があったからです。もうその時代を生き抜いた人は相当高齢になっており、亡くなった人もだいぶいて、その時代の凄まじさを伝える人も少なくなっています。
 ことによったら、戦後生まれの総理大臣が誕生するのではないか、という状況なので、われわれ日本人の中に、「不況」の抗体を持っている人は少なくなりました。
 現在の経済状況は、相当に深刻で、当社は自動車・電機などの一番打撃を受けている業種に関連する企業が近くに多くあるので、食品業界などはまだいいほうだなと痛感します。
 おそらく、夏から秋にかけて、もっと深刻な状態があるかもしれません。
 しかし、一方で、買い控えが原因である不況は、インフルエンザが大変な事態をもたらすのではないかという不安と同じく、われわれ自身が精神的「抗体」を持たず、ひ弱になっていることに起因するところも大だと思っています。多くのほかの企業と同じく、正直のところ、当社も大変な状態にいることは事実です。
 けれども、全力を挙げて、この状況を乗り切る事が出来れば、すばらしい「抗体」を持つことが出来ると信じて、がんばっています。

あじさい


代表取締役 馬塲祥宏
ホームページのデザインを変更しました
すでにお気づきのこととは存じますが、弊社のホームページのデザインを手直しさせていただきました。
多少見やすくなっていると思っておりますが、いかがでしょうか。
ホームページは、単に会社や情報をお伝えするだけでなく、楽しんでいただけるものでありたいと思っています。
明るいイメージとわかりやすさを目標に頑張るつもりです。

道端の木々を見上げると、すっかり葉を落とした梢に、ひそかなふくらみが芽生えています。
ウィンター・セット 
わたくしたちの経済環境の冬はまだまだつづく気配ですが、終わらない冬はないという言葉を信じて、従業員一同力を合わせて努力するつもりでおります。

どうか、みなさまの変わらぬご愛顧をお願い申し上げます 。

2009.02梅

代表取締役 馬塲祥宏

                 
新年の挨拶
 昨年もそうでしたが、今年もまた、関東地方は好天に恵まれ、穏やかな正月でした。
しかし、一方では、職を失い、住まいを失った人々が、都心の公園で援護を待っている異常な状況が続き、幸い家も職も持っている我々も、これからの経済環境はどうなるか、まったくわからない不安な状態のなかで新春を迎えています。
食品業界は、いままで好況の中でわが世の春を謳歌していた自動車やIT関連産業が受けるような急激な需要の落ち込みは避けられると思いますが、それでも当分は、厳しい冬の状態が続くでしょう。
しかし、暮から新年にかけて、よく「うろたえるな」という声を耳にします。ちょっとした不安な兆候を目にすると、すっかりパニックに陥り、理由もなくあわてふためいて、付和雷同してしまうところが、日本人の国民性にはあります。我々の少年時代の思い出には、トイレットペーパーがなくなってしまうと、子供までがスーパーの開店前にならんだオイルショックのときのようなことがあります。
なんでも人と同じがいいと言っている私達の国民性には、だれかが「こわい」というとみんなが一斉に「こわいーっ」というくせがあるのかもしれません。
誤解がないように言えば、これからやってくる経済状況、不景気といったものが、たいしたことはないと言っている訳ではありません。生やさしいものでない、むしろ想像以上に厳しいことは確実です。当社の売り上げも、15パーセント以上のダウンを覚悟しなければならない状況もあるでしょう。だが、そんなときにも、決してうろたえることなく、前途を見据えてやってゆくことが必要だと私は考えています。
そこで、まず、私がみなさんにお願いしたいのは、痛みを共有しようという気持ちを持ってもらいたいということです。
具体的には、いままでより十パーセント多く働き、いままでより十パーセント節約して暮らそう、高いものを買うのでなく、安くて質の良いものを買おう。そして、私達の会社のような売る立場にいる者は、安くてよい商品を売ることに全力を挙げよう。そして、自分自身のことだけを考えず、自分の周りにいるみんなのことを考えよう。おそらく、そこに痛みはあるだろうが、それはみんなで分かち合おうということです。
2月に決算が行われ、3月に始まる新年度に、どんな痛みがかかってくるか、それは会社としてもわかりません。私は、みなさんに痛みを与えようなどと考えているわけではなく、つらいことなど起きないほうがいいのです。
しかし、そこまで心構えしていれば、おそれることなど何もないといいたいのです。
競馬馬には重馬場に強い馬というのがあるそうです。悪天候になると、かえって力を発揮する馬です。つまり、悪条件に打ち勝つ力の強い馬です。私達はその精神力と集中力を見習うべきです。日本人はついこのあいだ、国が滅びるということを一度経験した。そこから立ち上がったのは、心の力以外ないでしょう。
これからは、日本人の底力を見せるときがやってくると、信じています。

2009.御屠蘇

代表取締役 馬塲祥宏
夏野菜の詩
 朝顔も生姜も秋の季語だが、旧暦で秋と言うのは、8月初旬立秋の頃からで、どちらも今の感覚では夏のものである。
 縁に朝顔の鉢が並ぶころ、母が新しいナスを漬けて朝の食膳に出す。鮮やかな紫色としゃきしゃきした歯ざわりがなんとも心地よい。
 小鉢に入った漬物が汗をかいたようにつややかな色でならんでいるのも、涼しさを食卓に運んでくる。
 暑さで食欲の落ちる夏の食卓に、葉の付け根をうす紅く染めた新ショウガが切り口に味噌を添えられて載っているのもいい感じである。
 ひとくちに夏野菜といっても、シロウリもあれば、胡瓜もある。きゅうりも小ぶりのものを生で味噌をつけて食べるのがおいしい。
 それが最近はレタスセロリゴーヤなどあたらしい野菜が主になっているのは、なんとなく風情がないような気がするのは、歳のせいだろうか。

 弊社は弁当を売る会社なので、商品に日本人の伝統的な情緒を満足させる品物を添えたいと工夫しているが、衛生的な面から熱を通したり、冷凍保存する食品が多いので、なかなか季節のなまの感じをだすのはむずかしい。7月の弁当(文月弁当)には生姜を1本頭に添えさせていただいているが、これも生というわけにはいかず、少年時代の夏の食卓の懐かしさには遠い。
 しかし、当社のお弁当を召し上がっていただく状況をいろいろ考えてゆくと、家庭を離れたよんどころのない外の食事で、という場合が大部分だろう。食事ならば、家族に囲まれて、よく肥えた枝豆をつまみに、ビールをきゅーっとあおりながらする食事が最高だろう。
 いちばん風情のあるお弁当とは、そういう家庭の情景とか、あるいは懐かしい故郷の景色が、味わいながら自然に浮かんでくる弁当ではないだろうか。
 当社が店名の前にうたっている「四季を味わう」というのは、そういう意味である。
 「四季を味わう」とは「時間を味わう」ということである。その時間とは、単に一定の期間という意味でなく、わたくしたちの体内に眠っている時間を呼び覚ますということである。
 そういう商品つくりに精を出したいと、常日ごろ考えている。
2008.夏野菜
代表取締役 馬塲祥宏

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。