たごさく 四季のたより
山和食品株式会社が店舗展開する、 四季を味わう「たごさく」、おこわの里「たもかみ」、釜揚げいなり「釜旬」、おむすび専門店「しゃれむすび」などの 情報やこだわり食材を紹介するブログです。
201010<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201012
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霜月弁当(11月)内容
今月のお弁当は、主菜に鮭塩焼きのアーモンドで包み揚げに明太子のソースをかけました。
香ばしい歯ざわりと明太子のからさが鮭に良く合います。
また秋刀魚の竜田揚げ、蓮根、茄子、玉葱、インゲン、白胡麻の黒酢和えには、
糸切唐辛子をトッピングしました。
煮物には、がんも、人参、椎茸を盛付けています。
また、さっぱりとした白木耳の柚子和え、香の物として梅酢大根を使いました。
霜月弁当独自の調理、味付けをご賞味ください。

霜月弁当
※写真はイメージです
スポンサーサイト
ロビンソン小田原店 たごさくより店長のご紹介
日頃、美味しく新しい新商品を皆様にお知らせをしておりました「たごさく」のページですが、
今後店舗を身近に感じて頂くために、スタッフからのコメントを順次掲載したいと思います。

お近くの店舗がございましたら是非足を運んで「ブログを見たよ」とお声を掛けて頂ければと思います。



営業本部、東日本第4・第6エリア担当の宮澤と申します。
近年女性の社会進出は政界・実業界ほか様々な分野で目覚ましいものがありますが、
私の担当エリアのなかにも、着実に実績を上げ活躍中の女性店長が6人おります。
お客様から支持される店作りに毎日励んでいる、そんな彼女たちの中から、
今回はロビンソン小田原店たごさくの店長をご紹介致します。

比較的経験の浅い店長ではありますが、もし何か得るところが話の中でございましたら参考にして頂き、
店長職を目指す女性スタッフが増えることを希望します。

「小田原の人はおこわ好き」

お疲れさまです。小田原ロビンソンたごさくの坂田と申します。
入社してから現在3年目、店長に昇格したのは昨年10月からになります。
いろんな失敗を繰り返してきましたが、他のスタッフに支えられ、
最近ようやく少し自信がついたのかなと思えるようになりました。
ロビンソン小田原店はJRの小田原と国府津のあいだにある鴨宮という駅から歩いて20分位の所にあります。
気候は温暖で暮らしやすく、そのせいか温和な人柄のお客様が多いです。
そして、たいへん有り難いことに、顔なじみのお得意様が沢山できました。

「いつもの弁当ひとつ、あとで取りに来るから」といつも不意にやって来るおじいちゃん。
「お宅のおこわ本当においしいね」と決まって栗おこわを買いに来るおばあちゃん。
昼食にまとめて買って下さる近所の農協や会社の方々。
夕食を手抜きするとき、「たごさくのお弁当ならお父さんも娘も喜んで食べてくれるのよ」と買って帰る若いお母様。

とにかく、リピーターのお客様がたいへん多いお店ですから、
お客様が第一なんだという意識を常に忘れないよう接客してます。
でも、本当にそう思えるようになるまでには時間がかかりました。
自分にゆとりがなかったからかもしれません。
仕事はハードな部分もありますし、私も腱鞘炎やギックリ腰になりました。
でも今では、おいしいと喜ばれ、何度もお店に足を運んで下さるお客様と接する毎日に、
たいへんやりがいを感じて、楽しく仕事に取り組んでいます。

これからも、おこわが大好きな小田原のお客様のために、
いつもおいしい出来立てのおこわを提供したいと思っています。

小田原ロビンソンたごさく 坂田店長

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。