たごさく 四季のたより
山和食品株式会社が店舗展開する、 四季を味わう「たごさく」、おこわの里「たもかみ」、釜揚げいなり「釜旬」、おむすび専門店「しゃれむすび」などの 情報やこだわり食材を紹介するブログです。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蛇のように慧(さと)く、鳩のように素直に
今年は巳年で、メイン・キャラクターの動物は蛇です。
羊や犬と違って、リアルにその姿を描くと、気味が悪いし、デフォルメしてかわいく描くと漫画のようになります。
 テレビで見たのですが、ある動物園で、辰年から巳年に代るのに、おもちゃの竜をかかえて四人並んだ子どもたちに、今度は本物の白い大きな蛇をかかえさせる儀式をやっていました。
蛇は意外におとなしい動物で、子どもたちはこわがる様子は見せませんでしたが、
ほんとうはおっかなびっくりだろうなと思いました。

 「蛇のように慧(さと)く、鳩のように素直に」という言葉が、聖書の中にあります。
イエス・キリストが十二人の弟子達を伝道のために街に送るのに、
お前たちのこれから行くところは、狼は羊をかみ殺すような怖ろしいところだから、
蛇のように賢く、鳩のように無邪気でなければならない、と説教するところですが、
私たちは今年のへび年は、この言葉を座右の銘として生きるべきじゃないでしょうか。

 十二月に衆議院選挙があり、政権を担う政党が交代しました。
株価は上がり、円安ドル高に変っています。
よかったという人もいますが、政治も経済も外交も内政もどう変るかわからない。
みんなこれから先どうなるかと、不安を持っているでしょう。これは日本人だけではありません。


「蛇のように賢く」生きていかなければなりません。しかし、このキリストの言葉は「蛇のように」のあとに、
「鳩のように素直に」と言っているところです。
 非常に用心深く、まわりの様子をよくみながら暮してゆくことと同時に、
むやみに人を疑ったり、人間としていちばん大事な、人間そのものを信じて生きてゆくという態度を、
決して曲げてはならないということです。
 この三月で、あのおそろしい大震災から丸二年が経ちます。
いまでもちょっと大きな地震があると、また近いうちに大地震が来るのではないか、とおびえる人が一杯います。
 しかし、あの大地震の後で、私たちが痛感したのは、人間はこんなにも暖かいのかという、人間が人間を思う気持ちの豊かさの発見でした。
 亡くなった何万の人の命は決して戻りません。けれども、その人たちを悼む気持ちの先に、ともすれば失われがちな、人間が人間を愛するという、未来へのたくさんの灯明がともされていることを、心に銘じて生きたいと思います。
 もう一度。「蛇のごとく慧く、鳩のごとく素直であれ」(マタイ伝第10章16節)

巳年
こちらの可愛い巳年の置物は山和食品にいらっしゃる皆様をお出迎えしています。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。