たごさく 四季のたより
山和食品株式会社が店舗展開する、 四季を味わう「たごさく」、おこわの里「たもかみ」、釜揚げいなり「釜旬」、おむすび専門店「しゃれむすび」などの 情報やこだわり食材を紹介するブログです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スカイツリー駅と関東大震災の話
 去年(2012年)に日本で一番話題を集めた駅は「東京スカイツリー駅」と「東京駅」でしょう。
東京駅の話はまた書きますが、今日はスカイツリー駅について書きましょう。
東武鉄道の「業平橋」という地味な小さな駅が、「東京スカイツリー駅」と名前を変えて、すっかり立派な駅になっているのに、東京スカイツリーが出来て何ヶ月もたって行ってみて、びっくりしました。

 ただし、この駅の改名は、これが初めてではありません。実は昭和四年まで、ここは浅草駅だったのです。
東武鉄道の創業は古く、明治三十五年に業平橋・久喜駅の区間が開通しました。
しかし、東京側の駅は、技術の問題や認可の問題があって、鉄道が隅田川を越えることができず、止まっていました。そこで仕方なく業平橋に造った駅を「浅草駅」としたのです。

 関東大震災の後、焼け野原となった浅草の再建のために、東武鉄道を川を越えてのばすことになりました。
ノーベル賞作家川端康成の書いた「浅草紅団」という小説の中に、そのころの様子が詳しく書かれています。
 川端さんの小説で知った話。
関東大震災のあった大正十二年九月一日の早朝、浅草寺の大僧正が脳貧血を起こして倒れたそうです。
お昼近くになって、医者の手当てで漸く意識を回復した大僧正は、伝法院で休んでいました。
そこへ地震が来ました。
 大勢の避難民が浅草寺にやってきました。大僧正はその人たちをみんな、いつもは入れない伝法院の広い庭に入れました。その数一万五千人。
やがて火の手が庭に迫ってきました。大僧正は立ち上がって、熱心に火に向ってお経を唱えました。
すると、火の方向はよそに向かい、人々は救われたそうです。怪我をした人たちも大勢いて、塔頭の寺の坊さん達は着物や袈裟を焼かれて、洋服や浴衣姿のままで、血だらけ泥だらけになって看護したそうです。
 
言問橋から二本北に入った通りに富士小学校という学校がありました。いまもあります。
そこが震災で家を失った人の避難所になりました。そこで学校は二学期の始まりを十月まで延ばしたそうです。
それでも避難する人はいなくならず、学校はやむなく二部授業にしたそうです。

 大震災から昭和六年の現在の東武線浅草駅の開業まで丸八年たっています。
それでも震災の傷跡はまだ消えず、駅と松屋百貨店の建設途中の昭和四年に書かれた「浅草紅団」は、その震災の中で育った不良少年、不良少女の物語です。でもその少年少女たちは活気に満ちています。
 東北大震災も、ほんとうに人々が立ちあがるまで、まだまだ多くの時間がかかるだろうなと思いました。

スカイツリー_s
東京ソラマチにございます「鶏めしたごさく」も宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。