たごさく 四季のたより
山和食品株式会社が店舗展開する、 四季を味わう「たごさく」、おこわの里「たもかみ」、釜揚げいなり「釜旬」、おむすび専門店「しゃれむすび」などの 情報やこだわり食材を紹介するブログです。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「たごさく」新店オープン!
新店情報


「たごさく」阪神梅田本店 (2016年11月3日新規オープン)
ブログ梅田阪神

阪神電車「梅田駅」直結、JR「大阪駅」、阪急・地下鉄御堂筋線「梅田駅」からも下車すぐの
阪神梅田本店に「たごさく」がオープン致しました。

「大阪キタ」と呼ばれる梅田は、JRや大阪市営地下鉄・阪急電鉄、そして阪神電車が乗り入れる、
大阪の交通の要となる巨大なターミナルシティです。
地上には数々の百貨店やオフィスビル・ホテルが立ち並び、巨大な地下街も広がって
今では日本を代表する巨大都市の一つでもある梅田ですが、
もともとは何もない土地で、沼地を埋めて田んぼにしたので埋田(うめだ)と呼ばれ、
それが転じて梅田という地名になったそうです。


「たごさく」店舗は地下1階の「阪神食品館」にございます。
観光やビジネスのおともに、たごさくの商品はいかがでしょうか。





「たごさく」あまがさき阪神店 (2016年11月6日新規オープン)
ブログ用尼崎阪神

JR神戸線・宝塚線・東西線「尼崎駅」北口を降りてすぐ、あまがさきキューズモール内
あまがさき阪神に「たごさく」が新規オープン致しました。

尼崎は日本有数の工業地帯として有名ですが、近年は再開発も進み、
高層ビル群やショッピングセンターも増えて若いファミリー層も多く住む街になっています。
さらに歴史をたどっていくと、古代・中世には、日本有数の港町だったそうで、
「あまがさき」は漁民・海民を意味する「海士・海人・海(アマ)」と、先端を意味する「崎(サキ)」が合わさったもので、
漁民・海民が住む海に突き出た土地というのが、地名の由来と言われています。

たごさく店舗は「あまがさき阪神」1階の食品フロアにございます。
たごさく人気の定番商品や季節限定のおこわ・お弁当をご用意して 皆様のご来店を心からお待ちしております。





「たごさく」近鉄百貨店和歌山店 (2016年11月23日新規オープン)

ブログ用近鉄和歌山

JR紀勢本線「和歌山駅」すぐ、阪和道和歌山インターからは車で約15分の
近鉄百貨店和歌山店に「たごさく」がオープンしました。

和歌山といえばみかんが有名ですが、世界遺産に登録された熊野古道や高野山、南紀白浜など、
一度は訪れてみたい観光スポットがたくさんあります。
「たごさく」店舗が入っている近鉄百貨店の近くにも、和歌山城や紀の川などがあり、見どころ満載です。

「たごさく」店舗は「近鉄百貨店和歌山店」地下1階、食料品フロアにございます。
旅行のお供にもぜひ、ほかほかのおこわをつめた「たごさく」のお弁当をどうぞ。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。