たごさく 四季のたより
山和食品株式会社が店舗展開する、 四季を味わう「たごさく」、おこわの里「たもかみ」、釜揚げいなり「釜旬」、おむすび専門店「しゃれむすび」などの 情報やこだわり食材を紹介するブログです。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七夕の起源
小さいお子さんから「七夕」と書いて、どうして「たなばた」と読むのか質問されたことはありませんか?
また、七夕はどのようにして始まったのかご存じでしょうか?

その起源は3つの行事が合わさったものと言われています。

一つめは日本古来の神事、「棚機(たなばた)」です。

日本では古来、乙女が着物を織って棚にそなえ、五穀豊穣を祝う行事が行われていました。その際に使われたのが「棚機(たなばた)」という織機です。そして仏教伝来後、この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになりました。

二つめがおりひめ、ひこぼし伝説です。

織女(おりひめ)と呼ばれる星(ベガ)と牽牛(牛引き)の星彦星(アルタイル)が旧暦7月7日に天の川をはさんで、一年のうちもっとも近づき、光り輝くように見えることから巡り逢いの日と考えられ、七夕と結びついたようです。

三つめが中国の行事、「乞巧奠」(きこうでん)です。7月7日に織女星にあやかって、はた織りや裁縫が上達するようにとお祈りをする風習から生まれました。

そしてこれらの話が合わさって現在までいろいろ形を変え、願いを書いたたんざくを笹の葉に飾り、お祝いするスタイルになったようです。

七夕の夜のように、再会を祝す宴にぜひたごさく自慢のお赤飯はいかがですか?

お赤飯
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。