たごさく 四季のたより
山和食品株式会社が店舗展開する、 四季を味わう「たごさく」、おこわの里「たもかみ」、釜揚げいなり「釜旬」、おむすび専門店「しゃれむすび」などの 情報やこだわり食材を紹介するブログです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お弁当にエコロジーを心がけます
ロハス」という言葉を最近耳にします。
 調べてみると、Lifestyles of Health and Sustainability という英語の頭文字をとった略語で、「健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生き方」という訳があてはまるそうです。つまり、自分の生活スタイルを、健康に保持することを第一の目的とし、同時にクリーンな環境を保って、これから生まれてくる50年後、100年後の世代に心地よく住める地球を残そうという心がけを、自分の生き方の中心に置こうとする考え方だと説明されています。1990年代後半からアメリカで始まった運動で、日本では、21世紀に入って女性たちの中に広がってきました。言ってみれば、ちょっとした流行語ですが、私のように食品業に携わっている者としては、単に流行語として片付けることができない世の中の流れのように感じられます。
 今年の冬は例年になく暖かく、初雪の前に春一番が吹くという異常気象で、この分では桜の開花も昨年と同じく3月の下旬、あるいはもっと早くなるという予想もあります。春が早く来てうれしい、といえば言えるのですが、これはCO2の排出量増加による地球温暖化の影響であり、この近年多発するアメリカのハリケーンによる被害、竜巻、グリーンランドの氷が解け始め、北極では熊が何百頭もおぼれ死ぬという現実とつながっているといわれます。夏は暑くなり、日本でも50℃近い気温の日が続くだろうという予想があります。北極の氷が完全に溶けると、地球の水面が全体で50cm持ち上がり、河口にできた地球上の大都市、ニューヨークでも、東京でも、サンフランシスコでも、低いところはみんな水没してしまうといわれます。
 私が一番心配するのは、お米のことです。お米は暖かい土地にできる作物で、寒くなるよりはいいといえますが、異常気象が続くと、私たちが一番大切な食べ物としてきた「ごはん」が、昔と同じように味わえるかという問題が当然起きてきます。
 いま日本では、おいしいお米がたくさん作られています。しかも、もともと寒冷地には適さない稲を寒い土地で育てるには、米作りに携わる人はなみなみならぬ努力をしてきました。しかし生産性を上げるために、農薬を多量に使うとか、生産性だけを考えた肥料使いという傾向が生まれました。
 近年、それに対する反省が起き、有機肥料による米作り、無農薬農法で作られたお米の人気が高まってきました。私どもの仕入先でも、そうしたお米を売ろうという傾向が強まっています。私たちはそういう仕入先を応援し、みなさんに今まで以上においしいお米を食べていただき、地球環境の保全に協力しようと考えています。
 これは、主食であるお米だけにとどまる問題ではありません。肉や野菜についても同じです。食べ物をおいしく味わうために、どんな食べ物にも動物性の油脂を加えるという食品業界の暗黙の傾向にも、反省が生まれています。
 最近「妻マンボ せがれスノボで おれメタボ」という川柳を目にしました。油のとりすぎによるメタボリック症候群、成人病の増加が日本人の平均寿命をだんだん短くするだろうという予想があります。それでなくても、調味料の取りすぎによる食べ物の味の平均化で、日本の若い人は食べ物の微妙な味がわからなくなったと言われています。
 これは日本食を業務の主体にしている私たちには大きな問題です。
 もちろん、これは何千種類もの食材を仕入れて、お弁当の食材にしている会社では、個人の家庭と違って、何もかもいちどきに「ロハス」とは行かない問題です。けれども、美しい地球を私たちのあとに生まれてくる世代に残そうという考え方に組する仕入先と広く提携し、おいしい米飯弁当をみなさまにご提供するために、一歩一歩努力を積み重ねたいと考えています。
稲穂
代表取締役 馬塲祥宏
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。